News


平成29年度東京大会報告書が完成しました。
下記表紙をクリックしていただくと、全ページご覧いただけます。(14MB)

News


【在宅で医療的ケアを要する小児のレスパイトケアが健康関連QOLに与える影響】

近年急増している医療的ケアが必要な児童生徒にとって、学校は大切な学びの場であり、学校で医療的ケアを受けながら学ぶことは自律性を育み、他者との信頼関係の築く機会になるものと思われます。

今般、東京大学医学部倫理委員会の承認を受けて、レスパイトケアが医療的ケアを要する児童生徒の生活の質(QOL)に及ぼす影響を明らかにするための研究(研究代表:上別府圭子 東京大学大学院家族看護学分野教授)が実施されることになりました。この研究では、学校看護師を含む教職員による医療的ケアをレスパイトケアの一環と捉えて、学校における医療的ケアが児童生徒のQOL向上にもたらす効果を示すことで、学校や地域での医療的ケア体制の充実に役立つ示唆を得られるものと期待されます。

研究成果は、学校における医療的ケアの意義や重要性を国内外の行政担当者および医療専門職に示すエビデンスとして公表することが予定されております。研究班より全国肢体不自由特別支援学校PTA連合会会員の皆様に向けて、調査の周知についての依頼がありました。会員の皆様におかれましては、本研究の趣旨を御理解の上、各学校を通じて調査案内チラシを受け取られた際にはアンケート調査にご協力くださいますようお願いいたします。

専用アンケートサイトにアクセスするための文書(調査案内チラシ)は各学校の教職員を通じて配布されます。重複回答を避けるため、本サイトから回答することはできません。

対象:在宅で医療的ケアを必要とする6~18歳の児童生徒と同居されている保護者の皆様
(訪問籍の方も対象ですが、病院内学級の方は対象となりません)

回答方法:専用アンケートサイトでの回答(質問紙の郵送による回答もお選びいただけます)

調査案内配布校:全国の肢体不自由教育校および病弱教育校

調査案内配布時期:2018年2月中に各学校から配布されます
(2月中に学校から案内をお受け取りになれなかった場合は、下記の連絡担当者にお問い合わせ下さい)

アンケート回答期限:2018年3月31日


研究協力:全国特別支援学校 肢体不自由教育校長会・病弱教育校長会
後援:全国医療的ケア児者支援協議会

【本件連絡担当】
東京大学大学院医学系研究科 健康科学・看護学専攻 家族看護学分野 大学院生 鈴木 征吾
TEL: 050-5583-4909 FAX: 03-5841-3399 E-mail: 77ikea@gmail.com

News


福祉施設で生み出された裂き織りなど織作品の数々とともに、刺繍や糸を使った作品を展示し、豊かな感性がかいまみえる作家の素晴らしい作品世界をご紹介します。

あわせて、各事業所や工房で、作品が生まれるサポートとしてどのような取組みがなされているのかを紹介し、さまざまな施設がさまざまな理念のもとで作品作りを支援していることを多くの方に知っていただく機会となれば幸いです。

参加施設>

黒川こころの応援団nisipirica(宮城県)/しょうぶ学園(鹿児島県)/西陣工房(京都府)/のぞみの郷高社 まーぶる(長野県中野市)/NPO法人ハックの家(岩手県)/森の工房あかね舎(長野県諏訪市)/NPO法人リベルテ(長野県上田市)

会 期:~平成30年3月25日(日)
会 場:八ヶ岳美術館
ご利用案内(アクセス) http://www.lcv.ne.jp/~yatsubi1/menu/index.htm

ワークショップ>

①段ボール織りでウールと裂織のマットづくり
日時:2月25日(日)13:30~15:30
講師:野中ひろみさん(信州さきおりの会)
定員:10名 ※要予約
参加料:1,000円(入館料別途)
内容:機がなくても大丈夫!あったかウールと裂織を組み合わせたマットをダンボール織りで作ります。

②玉どめいっぱい!moroボールでアクセサリーづくり
日時:3月17日(土)13:30~15:00
講師:moroさん(NPO法人リベルテ)
定員:10名 ※要予約
参加料:1,000円(入館料別途)
内容:フェルトボールに玉止めをして、コロコロキュートなアクセサリーを作ります。

事例発表会>

3月10日(土)13:30~15:30
講師:NPO法人リベルテ 武捨和貴さん
のぞみの郷高社 まーぶる 滝沢和代さん
参加費:無料(要入館料)
展示に参加している2つの施設からお招きした講師に、作品が生まれる現場であるアトリエの様子や、利用者さんのサポート方法、今後の展望などを伺います。

映画上映会>

「幸福は日々の中に。」
3月18日(日) ①11:00~ ②14:00~
参加無料(要入館料)
展示参加施設のしょうぶ学園のドキュメンタリー映画を上映します。

ご予約・お問合せ  八ヶ岳美術館(0266-74-2701)

News


ケアが街にやってきた
どんとこい!医療的ケア

医療的ケアが今ほど注目されたことはありません。
先駆的に取り組んでいる実践を知り、誰が主体者となって取り組むべきかを考えようと思います。どなたでも参加できます。一緒に考えませんか?

時間:平成30年3月11日 10:00-16:00
場所:あーすぷらざ(神奈川県立地球市民かながわプラザ)プラザホール
JR根岸線 本郷台駅より徒歩2分

・基調講演 10:10-11:40
・実践発表 13:00-14:00
・シンポジウム 15:00-16:00

【問い合わせ先】
NPO法人フュージョンコムかながわ県肢体不自由児協会
TEL  045-311-8742  FAX  045-324-8985
Eメール  jimukyoku@kenshikyou.jp

申込書はこちら>>http://www.kenshikyou.jp/img/20180122_2.pdf
申込締切 平成30年2月15日(木)
※FAXでお申込みください。保育もあります。

News


日頃より本連合会の活動にご理解ご協力いただきましてありがとうございます。
年末のお忙し時時期で ございますが、下記の趣旨に基づいて、本連合会員向けにアンケート調査を御依頼いたします。

アンケートフォーム
https://questant.jp/q/ecare_dec092017 (締切:12/22正午)

 

文部科学省では、この度、「学校における医療的ケアの実施に関する検討会議」の設置を決定し、
11月10日に第1回会議を開催しました。(会議の概要は以下の通り)

1 趣 旨

検討事項
1)学校における医療的ケアの実施体制の在り方について
・教委における検討体制の在り方
・教委、学校と主治医等の責任分担の在り方
・医療機関・訪問看護事業者に委託する場合の責任や役割分担の在り方

2)学校における人工呼吸器の管理の在り方等の特定行為以外の医行為を実施する際の留意事項について
3)学校において実施できる医療的ケアの範囲について
4)校外学習・宿泊学習など学校施設以外の場で医療的ケアを実施する際の基本的考え方の整理について
5)看護師が学校において医療的ケアに対応するための研修機会の充実について
※委員:下山教授・久里浜特校長(前調査官)、竹内全肢P会長、田村全特副会長(全肢)他
※今後、第2回目を平成29年12月26日開催、以降数回の検討会議を経て中間まとめを公表するとともに、平成30度も検討を継続し、30年度末には、検討報告を取りまとめる方向である。

2 アンケート調査の目的

全肢体P連からの委員として、各回での発言を求められるため、全国各地域の状況を把握しておく必要がある。よって、収集した情報は本会代表委員発言時の手持ち資料とするとともに、集約した内容を検討会議事務局に情報提供し、検討会議で活用していただく。

News


キセキの葉書

「気持ちだけで人を助けることってできますか?」
「それ以外で…助かる人がおるんですか?」

原作は絵本作家の脇谷みどりさんの「希望のスイッチは、くすっ」
重度の脳性まひの娘を抱え、介護、家事、子育て、
家の中のことを全て背負う日々。
そんな中、郷里の母がうつ病を発症。
母との関係に悩みながら、「死なせてなるものか」と、
約5000通の笑えるはがきを毎日送り続けた。
必死に生きる母親の実話に基づいたドラマです。

公式HP
http://museplanning.co/movie-kisekinohagaki.html

News


第2回理事会を開催いたしますので、ご案内申し上げます。
なお、同会場にて平成29年度国庫補助事業「中央保護者研修会」を行います。
是非、ご参加ください。

日 時 平成30年1月11日(木)
会 場 国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟 102号室

<保護者研修会>10:30-12:00

『新しい自分を見つけよう!発見しよう!』
~ドリームマップを体験してみませんか~

Copyright©一般社団法人ドリームマップ普及協会

 

講 師 一般社団法人ドリームマップ普及協会
教材費 ¥100(専用シート代)※各校で事前に集金し、取りまとめの上、受付でお渡しください。

※当日はサインペン等、筆記用具をご持参ください。カラーペンがあると尚可。
※服装については問いません。
※昼食は、センター棟2F『カフェテリアふじ』、カルチャー棟2F『レストランとき』、
D棟9F『レストランさくら』をご利用になれます。


<理事会・評議員会>13:00~15:00

■議事内容
1 平成29年度事業報告
2 平成30年度事業計画(案)
3 平成29年度会計中間決算報告
4 平成30年度会計予算(案)
5 平成30年度役員(案)

■報告事項
1 各ブロックより活動報告
2 東京大会実行委員会
3 次年度開催福井大会より
4 事務局より

 

保護者研修会のお申込み

参加希望者を下記参加申込み用紙に各学校とりまとめの上、メールまたはファックスにて、
ご回報ください。

参加申込み用紙(wordpdf

申し込み先:全国肢体不自由特別支援学校PTA連合会 事務局 

FAX 03-6721-5711
Eメール zennsi-p-1210@extra.ocn.ne.jp
お申込み締切:12月8日(金)必着

News


スタイリッシュで最先端あなたが知らない福祉の世界

日時 平成29年11月19日(日) 11:00~18:00
会場 渋谷ヒカリエ9階 ヒカリエホールAB(東京都渋谷区渋谷2-21-1)
入場 無料・事前申込不要(一部コンテンツを除く)
主催 東京都

文化、芸術、ファッション。渋谷では、日々新しいものが生まれています。
進化し続けるこの街で、最先端の福祉を体験しませんか?
東京都は、この秋、渋谷ヒカリエホールに福祉の“今”と“未来”を集結させました。
ここでアートやスポーツ、VRを体験したら、あなたもきっと何かを始めたくなる!
たくさんの楽しいプログラムを用意してお待ちしています。

http://www.tokyosocialfes.com/

チラシはこちら

News


昨年の様子

全肢P連が加盟している、全国特別支援教育推進連盟主催の協議会が
12月8日(金)に国立オリンピック記念青少年総合センターにて行われます。

参加ご希望の方は11月20(月)まで
下記項目をご記入の上、事務局メール宛てにお申込み下さい。
zennsi-p-1210@extra.ocn.ne.jp

・お名前
・メールアドレス
・電話番号
・学校名
・午前参加(9時集合) / 午後参加(13時集合) ※どちらか選択

 

主 題 「学校教育におけるインクルーシブ教育システムの充実に向けて」
1部 共生社会の実現に向けたPTAの役割について
2部 学校教育における合理的配慮について 実践事例報告、シンポジウム

日 時  平成27年12月8日(金) 午前10時~午後4時
会 場  オリンピック記念青少年総合センター 国際交流棟 国際会議室

開催の趣旨 
平成28年4月1日に障害者差別解消法(障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律)が施行されました。この法律では障害のある人もない人も、互いに、その人らしさを認め合いながら、共に生きる社会をつくることを目指しています。「不当な差別的取扱い」を禁止し、「合理的配慮の提供」を求めています。

今年度の振興協議会では、共生社会の実現に向けてのPTAの取り組みや合理的配慮について学校等での実践事例発表を通して現状と課題を参加者と一緒に考えていきたいと思います。

主催者
全国特別支援教育推進連盟
文部科学省
独立行政法人国立特別支援教育総合研究所

後援予定 
全国都道府県教育委員会連合会 東京都教育委員会 全国社会福祉協議会
全国国公立幼稚園・こども園長会 全国連合小学校長会 全日本中学校長会
全国高等学校長協会

対 象
全国特別支援教育推進連盟加盟団体構成員、教育、労働、福祉関係職員、幼稚園・こども園、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校、障害福祉施設等の保護者 計約200名

参加費 無料

プログラム

<午前の部> 午前10時~12時30分

挨 拶
全国特別支援教育推進連盟理事長 宮﨑 英憲
文部科学省初等中等教育局特別支援教育課長 中村 信一様
独立行政法人国立特別支援教育総合研究所理事長 宍戸 和成様

行政説明
文部科学省初等中等教育局特別支援教育課長 中村 信一様
厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部障害福祉課障害児・発達障害者支援室室長補佐 上井 正純様

第 1 部 「共生社会の実現に向けたPTAの役割」
武蔵野東幼稚園園長 加藤 篤彦様
八王子市立愛宕小学校学校運営協議会会長(元PTA会長) 貴家 由美子様
鷹南学園三鷹市立第五中学校コミュニティ―スクール委員会副会長 國中 弥生様
全国特別支援学校知的障害教育校PTA連合会会長 木村 加代子様
指導助言者> 文部科学省初等中等教育局特別支援教育課視学官(併)特別支援教育調査官 丹野 哲也様
司会> 全国特別支援学級設置学校長協会会長 山中 ともえ


<午後の部> 午後1時30分~4時
事業説明
独立行政法人国立特別支援教育総合研究所インクルーシブ教育システム推進センター長 原田 公人様

第 2 部「学校教育における合理的配慮について 実践事例報告、シンポジウム」
東京都調布市立飛田給小学校主任教諭 後藤 欣子様、才丸 千鶴子様
埼玉県熊谷市教育委員会 教育研究所指導主事 板倉 伸夫様
神奈川県立足柄高等学校校長  笹谷 幸司様
東京都立町田の丘学園主任教諭  旭岡 善介様
コーディネーター> 文部科学省初等中等教育局特別支援教育課特別支援教育調査官 田中 裕一 様
司会> 全国特別支援学校長会副会長 南風野 久子
御礼> 全国特別支援教育推進連盟  副理事長  岩井 雄一

News


 


社員の多様性を包摂する「インクルーシブな組織づくり」に対する社会的要請は強まり、 企業の責任として実現すべき時代になっています。このセミナーでは、企業において悩みの種となりがちな 「障害者雇用」を競争力に転換し、組織力、社会的信頼、事業の発展などに結び付ける方法を学びます。

第1回:障害者雇用の義務化の背景と対策を知る

【日 時】11/6(月) 18:30~20:30
【講 師】文京学院大学 名誉教授 松為 信雄氏

  • 2018年度から精神障害者の雇用も義務化。どう捉えればよいか?
  • 障害者の就労支援が福祉から雇用に向かう中で、企業の果たすべき役割とは?

第2回:障害者雇用が企業の未来を拓く!

【日 時】12/4(月) 18:30~20:30
【講 師】アイエスエフネットグループ代表 渡邉 幸義氏

  • 障害者雇用はリスクと考えがち。それを強みにする方法がある!
  • 2016年度障害者雇用率ランキング2位、2020年までに1000人の障害者雇用を目指す企業からそのノウハウを伝授!

随時:フォローアップ

  • 疑問解消座談会
  • 専門家派遣による出張相談
  • 個別カウンセリング

【定 員】各70名(先着順)
【会 場】かながわ労働プラザ第3会議室
【受講料】各2000円(税込み)
【支払い方法】当日現金でお支払いください。
【申込方法】電話・FAX・WEB
【お問合せ】神奈川県立かながわ労働プラザ
TEL 045-633-5413 FAX 045-633-5416
お申込みフォーム https://ws.formzu.net/fgen/S10805224/

主催>神奈川県立かながわ労働プラザ
企画・運営>NPO法人よこはま地域福祉研究センター
後援>横浜市健康福祉局