【熊本地震で被災された方々への義援金のご報告とお礼について】
この度は、熊本地震で被災された方々への心温まる義援金のご支援をありがとうございます。
被災地の復興への願いを込め、九州ブロック代表校へ寄付させていただいております。引き続きご協力をお願い申し上げます。 (詳細はこちら)

Close UP

  • dscn36502

    VOL.3|仙台|
    存在していることが誰かの役に立っている
    社会福祉法人 はらから福祉会 理事長 武田 元さん

    障害者差別解消法、障害者雇用促進法等の改正に伴い、障害者が「働くこと」について、どのように考えたらよいのかが改めて問われています。その答えを探るべく、「働くことは当たり前のこと」という理念と明確な目標設定に基づいた実践を積み上げている「はらから福祉会」の理事長、武田元さんにお話を聞きました。
    2016-09-27
  • 宮城全国大会ご報告
    <ダイジェスト版>

    2016年8月23日(火)~24日(水)第59回全国肢体不自由特別支援学校PTA連合会総会およびPTA・校長会合同研究大会が宮城のホテルメトロポリタン仙台で行われました。8月22日には台風が到来し、開会が心配されましたが、無事開催することができ一安心でした。 1日目 開会式と基調講演 今回会場となったホテルメトロポリタン仙台は、仙台駅直結というとても利便性に優れた場所に位置していました。会場には早くから続々と参加者が集まり、受付カウンター前では久しぶりの再会を楽しむ参加者の姿も見られました。そうこうするうちに、開会式の開始時刻となり、取材スタッフも式場内へ。 主催者である全国肢体不自由特別支援学校PTA連合会会長(東京都立城北特別支援学校PTA)の竹内ふき子さんから、「みなさん、日頃から全国肢体不自由特別支援学校PTA連合会(以下、肢P連)にご協力いただきありがとうございます。これからも肢P連はみなさんと一緒によりよい活動を進めていけるよう頑張っていきます」と挨拶がありました。 開会式が終了すると、文部科学省初等中等教育局特別支援教育課 ...
    2016-09-21

News

一覧

  • 全肢P連主催【国庫補助事業】
    「保護者研修会」開催のお知らせ

     『介護が楽になる身体の使い方』 日本に古くから伝わってきた武術の身体の使い方や考え方を取り入れて身体運用の改善と介護技術への応用の取り組みをご伝授くださいます。
    2016-10-26
  • 居宅以外への訪問看護についてのアンケート
    協力のお願い (11/10まで)

    全国医療的ケア児者支援協議会  親の会では居宅以外への訪問看護についての話し合いをしています。 今現在は、訪問看護は居宅限定という規則になっていますが、その縛りを無くし、居宅以外への訪問が可能となれば、もっと医療ケア児やその親御さんも過ごしやすくなるのではないかという考えです。 例えば、今問題となっている医療ケア児の就園就学問題も園や学校に看護師が在中でないためや、一人に付きっきりになれないとの理由で断られたり、親がずっと付き添いしなくてはいけなくなったりしています。 それ以外にも重度心身障害者の通所通園などへの送迎や、その他の点でも生かせることがあると思います。居宅限定の縛りをなくすと、生活においてもっと自由がきいたり、親の負担が減るのではないかと考えています。 よろしければ、アンケートのご協力と拡散(周知)をよろしくお願いします。 ↓↓↓↓↓下のバナーをクリックでアンケートページに移ります。 アンケートに回答する ▼対象者 重症心身障碍児者・医療ケア児者保護者 ▼締め切り 11月10日 ▼目的 居宅以外へ看護師が訪問できることで生活が変わるかの調査 政策提言の根拠にする ▼回答時間の目安 5分程度 ▼注意事項 ・最初の方の質問はお子さんの状況に関する質問です。 悩まずにご回答ください。 ・回答から対象以外の方と判断される場合、集計時除外します。 ・回答送信は2回はできません。 ▼発行者 全国医療的ケア児者支援協議会 親の会
    2016-10-25
  • 【東京】12/2 第39回 全国特別支援教育振興協議会

    全肢P連が加盟している、全国特別支援教育推進連盟主催の協議会が12月2日(金)に国立オリンピック記念青少年総合センターにて行われます。
    2016-10-18

大会MAP