News


  • 会報 第123号

       会長 ご挨拶   全国肢体不自由特別支援学校PTA連合会      会 長     澤 村  愛       (東京都立光明学園PTA会長)    第61回全国肢体不自由特別支援学校PTA連合の福井大会の総会でご承認いただき、今年度会長を務めさせていただきます澤村愛と申します。竹内ふき子会長よりこの任を引き継ぎ、その責任の重さを痛感しております。全国津々浦々で子育てに奮闘されている保護者会員の皆様の思いを胸に、全力で務めてまいりたいと思っております。    私事で恐縮ですが、この3月に3人の子供の義務教育が終わりました。転居を繰り返しながら、様々な地域で、先輩方に助けて頂きながらの子育てでした。シンガポールの現地の特別支援学校では、付き添い通学をしていました。担任が中国人、副担任がマレーシア人、PT(理学療法士)がミャンマー人、OT(作業療法士)がインド人でした。通う子供たちも同様。いろいろな価値観や宗教に囲まれ、英語が苦手な私にとっては、たくさんの不自由に直面し自分自身が障害者のように感じられる毎日でした。ある日インド人クラスメイトの母親から「うちの子は自分のことを他人に伝えられない。そこが心配なの」という言葉を聞き、人種や地域、宗教が違っても、親の子への思いは同じなのだ、障害を持つ子どもの親同士は共に理解しあえるのだと気が付きました。気持ちが繋がることで悩みが小さくなり、希望が膨らむことを学びました。    今、国内でも大きく共生社会づくりに向けて動いています。多様な価値観を持つ人々が共に仲良く支えあい、豊かに安心して暮らせる社会が実現できるよう、努力が進められています。インクルーシブ教育は、単に共に学べばよいというものでなく、その子を可能な最大限度まで発達させることができる教育の場かどうか、しっかりと検討していくことが重要であるとされています。文部科学省では、「学校における医療的ケアの実施についての検討会議」が設けられ、肢体不自由特別支援学校だけでなく、あらゆる学校での医療的ケアをどのように実施していくのかの検討が進められています。    しかしながら共生社会の進展は、社会の合意形成をしながらなので、とても時間がかかります。自分の子供には間に合わないかもしれない。それでも私達が諦めずに繋がりをもちながら共に活動し続けることは、必ず将来の親達の支えとなるはずです。この会をとおして、悩みや願い、喜びを共有し、子供達をとりまく環境をより良いものにしてまいりましょう。  1年間どうぞよろしくお願いいたします。    相談役 ...
    2018-09-21
  • 【北海道・東北ブロック】H30岩手大会 開催要項

    北海道・東北地区特別支援学校肢体不自由教育校長およびPTA会長が 当面する諸問題についての解明と相互の連携を深める目的で開催されます。
    2018-06-05
  • 【全国大会】H30福井大会・総会 開催のお知らせ

    肢体不自由のある子供たち一人一人の生きる力を育むために、PTA活動はどうあるべきか 〜むすぶ力 ひらく力 未来へつなぐ 福井のきずな〜
    2018-05-27
  • 保護者が選んだ”おすすめの本”

    春は新しいことや人に出会ったり、自分が新しい場所にいる事になってしまったりと、何かしら変化が起こります。そんな時にこそ、自分の知識や感情の引き出しに新しいものがあれば、出会った方とも会話が弾むかもしれません。今回ご紹介した本は子ども向けの本、医療ケアの本、食に関する本など肢体不自由学校の子どもや関係する方々の心の栄養や、ささやかな知恵になるような本たちです。これからの一年、皆さんに良い出会いがありますように。 子供向け   「給食番長」 よしなが こうたく 作 長崎出版 学校生活のお楽しみといえば、おいしくて体にいい「給食」ですよね。我が子の学校では、子どものお誕生日には、お皿のラップに給食室から粋なメッセージが書かれており、給食のおばちゃんたちは給食を通してたっぷりの愛情も届けてくれていました。この本はそんな「あたりまえにおいしい給食」をめぐってやんちゃな番長たちが起こす騒ぎを描いたお話です。各ページには迫力あるイラストにぴったりの博多弁のセリフがあるので、方言バージョンも楽しめます。表紙の裏にある「すごろく」は大人もくすっと笑えるワードが満載です。   「くまさん くまさん なにみているの?」 エリック・カール 作 階成社 はっきりした色、輪郭のはっきりした絵が子どもにわかりやすいエリック・カールの絵本はどれも人気ですが、子どもに「色の名前」を教えたくてこの本を選びました。お話と同時に目に飛び込んでくる色の鮮やかなこと!なじみのあるものを追っていき、最後は何を見るのでしょう。読む人も見るだけの人も、最後は胸がぽっとあたたかくなる絵本です。     「富士山にのぼる」 石川 直樹 作 教育画劇 以前、絵本作家の方から「自然や生き物をテーマに絵本を作るときは、実際に見て感じたものを絵本にします」と聞いたことがあります。この本も登山家の方が富士山を登りながら見たもの感じたことをストレートに表現しており、一緒に富士山を登っている気持ちになります。実際には障がいのある子どもにとって登山は難しいけれど、歩きながらの景色にこだわった写真から富士山に挑んでいるかのような気持ちになり、読み終わった後には爽快な気持ちになる絵本です。   「わすれられないおくりもの」 スーザン・バーレイ 作 評論社 ...
    2018-04-04
  • H30年度【関東・甲越ブロック】新潟大会 第1次案内

    平成30年度 第54回関東甲越地区肢体不自由特別支援学校PTA連合会 及び校長会合同研究協議会「新潟大会」 「子どもたちの未来のために今できること」 開催日 平成30年7月29日(日)~30日(月) 会 場 ANAクラウンプラザホテル新潟 開催要項(第1次案内)pdf 参加申込みは、第二次案内(平成30年4月13日発送予定)で送付いたしますので、各校で参加者をお決めくださいますようお願いいたします。
    2018-03-27
  • 平成30年度全国大会(福井大会)第1次案内

    肢体不自由のある子どもたち一人一人の生きる力を育むために PTA活動はどうあるべきか~ むすぶ力 ひらく力 未来へつなぐ 福井のきずな ~
    2018-03-27
  • 平成29年度東京大会報告書(冊子)

    平成29年度東京大会報告書が完成しました。 下記表紙をクリックしていただくと、全ページご覧いただけます。(14MB)
    2018-02-16
  • 医療的ケアを要する児童生徒の保護者様へのアンケートのお願い

    近年急増している医療的ケアが必要な児童生徒にとって、学校は大切な学びの場であり、学校で医療的ケアを受けながら学ぶことは自律性を育み、他者との信頼関係の築く機会になるものと思われます。
    2018-02-02
  • 【長野】感性の織りⅡ~福祉の現場で生まれた作品展~

    福祉施設で生み出された豊かな感性がかいまみえる作家の素晴らしい作品世界と、各事業所や工房で作品が生まれるサポートとしてどのような取組みがなされているのかを紹介しています。
    2018-01-29
  • 【3/11横浜】医療的ケアシンポジウム

    先駆的に取り組んでいる実践を知り、誰が主体者となって取り組むべきか一緒に考えませんか?
    2018-01-29