• Vol.3|仙台|
    心豊かにたくましく生きていく人を育成する
    宮城県立船岡支援学校

    永い歴史につちかわれた 蔵王連峰の山々に囲まれた温暖な地域 仙台駅から、JR東北本線に乗り船岡駅まで約30分。駅から徒歩20分。 創立50年になる歴史ある船岡支援学校があります。 隣接して、体育学部とスポーツ科学研究科を設置した仙台大学・大学院のキャンパスがあり、スポーツウエアの学生たちの姿が支援学校周辺にもたくさん見られ、明るい雰囲気があります。 この辺り柴田町は、標高200mの山々に囲まれた盆地で、蔵王連峰の雪解け水を満々とたたえる白石川が町の中心部を流れています。気候は温暖で、東北地方にありながらも雪はほとんど降らず、四季を通じて過ごしやすい地域。 また、観光資源も豊富で、春の桜祭り、秋の菊人形祭りなどは、毎年多くの観光客で賑わい、白石川の「一目千本桜」や船岡城址公園の桜を一目見ようと、県内から20万人の人々が訪れるそうです。 取材当日は、東北本線が、強風のため、予定より、1時間半以上遅れての到着になりました。強風は蔵王からの吹きおろしで、この地、独特のものなんだそうです。 船岡支援学校の特徴 ~校訓は、「明るく 正しく たくましく」 9時半到着予定が、11時に。やっと到着できた取材スタッフを校長先生・教頭先生が温かく出迎えてくださいました。船岡支援学校の特徴を教えて頂きました。 肢体不自由児に対して、それぞれの障害の状態及び、能力・特性に応じた教育を行い、民主主義社会の一員として、心豊かにたくましく生きていく人を育成することが目標です。 日常の学校生活の中では、 ・積極的に人とかかわり、社会生活に適応できる子ども ・自分で考え、自分で行動する子ども ・障害に負けずに心と体を鍛える子ども   を育て、社会的自立を皆が目指すよう指導しています。 3つの教育類型 船岡支援学校には、3つの教育類型があり、それぞれの児童・生徒がいずれかの類型に属して、日常の学習を行っています。 ・Ⅰ類型 ...
    2016-06-22
  • VOL.2 |埼玉|
    災害から自分を守るチカラをつける!
    埼玉県立日高特別支援学校

    肢体不自由児も、自分でできることを災害時にもできることが求められます。先生や保護者も、生き残ってこどもの命を助けられるようでなければならないのです。「命をどう守るか」を明確な目的にすると、その方法を具体的に考える必要が出てきました・・・
    2015-12-15
  • VOL.1|熊本|
    互いの良さを認め合い、可能性へ挑戦する
    熊本県立松橋支援学校

    熊本市内から九州自動車道 熊本ICから松橋ICまで約20分。ICを降りて10分足らずで松橋支援学校に到着しました。 広々とした土地に、平屋の校舎は、とても開放的でゆったりとした雰囲気があります。
    2015-07-12