取り組みの3つの目的

福祉教育関係の人々だけじゃなくて、
ちょっと興味があるでもいい、
何か疑問をもっている段階でもいい、
一緒に対話ができたらもっといい。

肢体不自由だって、「あんなこともしてみたい」
ひとつひとつ実現させるために、何ができるだろう?
どう関われるだろう?
私たち小さな力を結んで、わくわくを創りだそう。

未来の理想をカタチにするには、楽じゃない。
でも、小さな種が芽を出し、やがて果実が実るように
ゆっくり、じっくり育ち、育てられたら、
どんなに素晴らしいだろう。