More from: CloseUP




VOL.3|仙台|
存在していることが誰かの役に立っている
社会福祉法人 はらから福祉会 理事長 武田 元さん

障害者差別解消法、障害者雇用促進法等の改正に伴い、障害者が「働くこと」について、どのように考えたらよいのかが改めて問われています。その答えを探るべく、「働くことは当たり前のこと」という理念と明確な目標設定に基づいた実践を積み上げている「はらから福祉会」の理事長、武田元さんにお話を聞きました。






VOL.2 |埼玉|
災害から自分を守るチカラをつける!
埼玉県立日高特別支援学校

肢体不自由児も、自分でできることを災害時にもできることが求められます。先生や保護者も、生き残ってこどもの命を助けられるようでなければならないのです。「命をどう守るか」を明確な目的にすると、その方法を具体的に考える必要が出てきました・・・