News


平成30年度保護者中央研修会のご報告

 2019年1月10日、国立オリンピック記念青少年総合センター(東京)にて、
保護者研修会を実施し、約90名の会員の方々にご参加いただきました。

 助言指導者にNPO法人地域ケアさぽーと研究所 理事
女子栄養大学・大学院、白梅学園大学非常勤講師 の下川 和洋 氏をお招きし、
『豊かな地域生活を送るための資源(リソース)を活用していますか?』
 をテーマにワークショップを行いました。

 1.地域 2.福祉 3.進路 4.医療 5.機器のテーマについて
10グループに分かれ、ワークショップを行いました。

 

現在利用しているリソースと今後の課題や希望内容をそれぞれ違った付箋に記入し、
カテゴリーごとに整理していきながらグループワークを進めていただきました。

グループワーク中は下川先生が各グループを回りご助言をいただきました。

 

グループワーク後に各クループでまとめた内容を発表していただきました。

最後に下川先生からそれぞれのテーマに合わせたお話をいただきました。

下川先生の資料はこちらからご覧ください。⇒パワーポイント資料(PDF)

皆さん、お疲れ様でした。

次回研修で取り上げてほしい内容がありましたら、事務局に声を届けて下さい。
窓口はこちら> http://zspi.jp/info.html

<参加した感想>

  • 聞きたい、知りたい、話したいテーマで良かった
  • 皆さんの実践されていることを聞けてよかった
  • どのように実現させていくのか?を掘り下げてみたい
  • Goalはまだ先の先かもしれませんが、目の前の課題解決の取り組みをそれぞれの地域でやっていかなければと思った
  • 様々な地域からの声が聞けてとてもよかった。もっと1つ1つの課題を深く考えていきたいと思った
  • 同じサービスを望んでいる保護者がいる事、その意見が聞けた事、本当に勉強になった
  • とてもいいテーマだった。気になるテーマばかりだったので本当に参考になった
  • これらのテーマは、障害児を抱える親にとって外せないテーマなので、それぞれの親御さんの考えを聞けたり、地域によってサービス  の相違を聞くことができてよかった
  • テーマごとに分かれて、楽しく意見交換できて有意義でした
  • 自分だけ思っていた訳ではない事が分かって、とっても安心した。今後の課題を知ることができて大変よかった
  • どのテーマも興味深く、ブロック毎の発表はうなずくことがとても多く、充実した研修会だった
  • テーマはすごくよいと思う。ただ作業が難しく、時間をとられてしまったので、もう少しスマートにディスカッションができるとよかった
  • 小学部、中学部、高等部、年代ごとの悩み、情報が聞けて自分の子の進路参考になってよかった
  • こういう場での情報交換(テーマに基づいた)はすごくためになる安心できる。
    どれも生活に密着したテーマだったので取り組みやすかった
  • 最後の発表で他のグループの意見も聞けて参考になった
  • 知らなかった機器の話を聞け、色々な機器を聞く、知ることができてとてもよかった。他のテーマの発表もとてもよかった
  • なかなか他の学校の意見交換の場がないので今回話し合いができてよかった
  • 他の地域の方のお話が聞けてよかった
  • すべての子どもたちの毎日につながっていて、学びの多い会だった
  • とても楽しい研修だった。2時間があっという間。医ケア専用バスには感動した。が、保護者同伴は・・・
  • たくさんの情報を得ることができた
  • 各グループの話、下川先生のお話もとても勉強になった
  • 生活していく上で気になるテーマばかりだった。色々な情報もあり、勉強になった
  • 自分が知らなかった事や考えてこなかった事をしれた。今後につなげていきたい

平成30年度保護者中央研修会のご報告

Comments are closed