News


医療的ケアに関する緊急アンケート調査のお願い

日頃より本連合会の活動にご理解ご協力いただきましてありがとうございます。
年末のお忙し時時期で ございますが、下記の趣旨に基づいて、本連合会員向けにアンケート調査を御依頼いたします。

アンケートフォーム
https://questant.jp/q/ecare_dec092017 (締切:12/22正午)

 

文部科学省では、この度、「学校における医療的ケアの実施に関する検討会議」の設置を決定し、
11月10日に第1回会議を開催しました。(会議の概要は以下の通り)

1 趣 旨

検討事項
1)学校における医療的ケアの実施体制の在り方について
・教委における検討体制の在り方
・教委、学校と主治医等の責任分担の在り方
・医療機関・訪問看護事業者に委託する場合の責任や役割分担の在り方

2)学校における人工呼吸器の管理の在り方等の特定行為以外の医行為を実施する際の留意事項について
3)学校において実施できる医療的ケアの範囲について
4)校外学習・宿泊学習など学校施設以外の場で医療的ケアを実施する際の基本的考え方の整理について
5)看護師が学校において医療的ケアに対応するための研修機会の充実について
※委員:下山教授・久里浜特校長(前調査官)、竹内全肢P会長、田村全特副会長(全肢)他
※今後、第2回目を平成29年12月26日開催、以降数回の検討会議を経て中間まとめを公表するとともに、平成30度も検討を継続し、30年度末には、検討報告を取りまとめる方向である。

2 アンケート調査の目的

全肢体P連からの委員として、各回での発言を求められるため、全国各地域の状況を把握しておく必要がある。よって、収集した情報は本会代表委員発言時の手持ち資料とするとともに、集約した内容を検討会議事務局に情報提供し、検討会議で活用していただく。


医療的ケアに関する緊急アンケート調査のお願い

Comments are closed